2番花が咲いています。消毒もして・・・怪獣退治も

梅雨の中休みで、今日は曇りのち晴れ、結構暑い。

朝から、曇り空の下、消毒をしました。

スミソンとサンヨール。

午後から、効果を確認。

我が家のアブラムシは本当に強いですね。

ほとんど生き残っています。消毒するのが「馬鹿馬鹿しいぞ」

うどんこ病で真白な葉もきになるし・・・・・

消毒中に、初恋の蕾の付いた枝があちこち折れているのを発見!?

良く見ると、枝の脇一面に凄い噛み傷。ヤスリでゴシゴシした感じです。

折れ曲がった枝の下で・・・・憎い、憎いゴマダラカミキリを発見。

2匹を捕まえて、その場で、死刑にしてしまいました。

その後、他の場所で2匹を発見、やはり、その場で踏みつけて死刑に。

4匹もすぐに見つかるとは・・・・「恐るべし、我が家の庭」

いったい何匹くらい潜んでいるの!?

確かに、株の根元に木くずが落ちていたりするけど、穴がなかなか発見できないんですね。

株元から枝がごっそり枯れて、取り除くと、穴が見つかったりするけど、ほとんど手遅れで・・・

あいつらの所為で、今年になってからでも、ピースは枯れた。

スベニール・ドクトール・ジャマンも半分ごっそり枯れた。

子供の頃は、カミキリ虫好きだったけど、今や大嫌いじゃ。


アブラムシ、バラゾウムシ、カミキリムシ、うどんこ病達に負けずに、しっかりと咲いているバラ達をご紹介します。

どれも2番花です。

うらら
画像

画像

1番花の後、下葉が黄変して落ちてしまいましたが、連続開花性に優れ、沢山の花を付ける優秀なバラです。
ちょっと派手なピンク色なので、好き嫌いがあるかも知れません。

コティヨン
画像

こちらも連続開花性に優れ多くの花を付けてくれます。秋も沢山咲くバラです。
青味を帯びたピンク色がさわやかな感じで素敵です。

ウィリアムシェークスピア2000.
画像

有名なERです。1番花より、少し小ぶりです。花弁が「ぎゅっ!」と詰まったロゼット咲。

ワイズポーシャ
画像

こちらもERです。やはり1番花より小ぶりです。秋はすこしワイン色を帯びるはずなんですけど・・・

ゴールデンセレブレーション
画像

枝が伸びるので2番花の数は初夏より随分少なめです。オベリスクの上部で咲いています。

アンネフランク
画像

初夏の1番花より花弁の数が少なめで小ぶり。少し平咲のような印象も・・・暑いので、すぐに花芯を見せてしまいます。

ミッドナイト・ブルー
画像

多くの花を付けていますが、強い日差しに弱く、花もちは良くありませんが、花色は独特で魅力的です。

スイート・ムーン
画像

薄い青紫のような色合いのHTです。

LDブレスウェイト
画像

こちらも赤バラの代表的なERです。シュートの発生が良ければ言うことのないバラなのですが、花数は少ないです。

ガグリエルモ・マルコニー
画像

昔のハークネス社のバラで日本では売っていないようです。もしかしたら、世界的にも売られていないかもしれません。同社のホームページにも出ていませんでした。バラ会の先輩から頂いたバラです。
独特の赤色の平咲。葉が黄変してすぐに落ちてしまいます。シュートの発生もなく病気にも強くありません。
なかなか難しいお嬢様です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

2009年06月25日 21:01
早速…でもないですが、やって参りました。
もう2番花が咲いているんですね~。
珍しい種類もありますね。
画像だけでも十分に楽しめます。
こちらは1番花が咲き終わったところです。
ゴールデンセレブレーション、やはりよく似ていますよね。
例のセレブは香りがけっこうあるせいか、小さい虫が花の中に一杯いて、部屋に飾れず、庭にある台の上の花瓶に挿しているので、近所の人に笑われました。
また、バラを見に寄らせていただきますね♪
2009年06月26日 07:53
お久しぶりです!

二番花、我が家も咲いています。
でも、この時期は虫と病気の闘いですよね。
花期も短いし・・・

それでも、こうして健気に咲くバラは、本当に愛おしいものですよね☆
2009年06月26日 18:20
かみきりやアブラムシ虫がてんこ盛りですね(笑・・いや笑っていられませんね・・
うららは健気ですね
ショッキングピンクが元気をくれます
アンネのバラは我が家は2番は黄色がきつくなって咲いています
バラは気温や環境で色や形が変わるので面白いですね

虫や病気にメゲズニ頑張って咲いているバラ万歳です!!

2009年06月28日 21:17
choco bananaさん
こんばんわ~。ようこそ「まゆげ&ハイジのバラの庭」へ。
セレブはゴールデンセレブイーションにそっくりでしょ。フルーツの香りも同じですよ。

2番花はこの暑さで花持ちが良くないですし、小ぶりなものが多いですけど、それでも結構楽しませてくれます。
凝り始めると、どんどんコレクションを増やしていってしまい、今では、庭中、満員で大変なことになってしまっています。

2009年06月28日 21:29
veno secoさん
こんばんわ~
ご無沙汰しています。

確かに2番花は短命ですよね。
病害虫との戦いはバラ栽培の宿命ですよね。

バラは手間暇がかかりますけど、綺麗に咲いてくれるとやはり嬉しいですよ。
カミキリ虫の被害は枝はあっと言う間にやられるし、根は知らず知らずの間にやられるので、怖いですね。
2009年06月28日 21:48
毬さん
こんばんわ~

うららは本当に優秀ですね。
2番花を咲かせているバラの中でも1・2の花付きの良さですね。

我が家の庭は害虫と病気のオンパレード。まさしく、てんこ盛りですよ。
今日も、消毒をしてしまいました。
自宅のヤマボウシと自宅前の街路樹のヤマモモにケムシが一杯で、バラにも被害が出てきたので、アクテックを散布しました。
この前に散布したスミソンはケムシにはまったく効いていないみたいです。
アクッテク散布後もほとんど何事もなかったように葉を食べているケムシを見るとガッカリしますね。
ふたば
2009年07月13日 19:15
2番花よく咲いていますね。。

ツルが多いとカミキリムシの被害は避けられないですね、
立派にすればするほどヤツには美味しそうに見えるのでしょうね。
私も3匹踏み潰して1匹逃しました、残念。。
そうそう今年は虫、特にイラガとか普段あまり目につかない種類が大発生してます。。
全体的な傾向なのでしょうか
2009年07月19日 10:13
ふたばさん
おはようございます
返信が超、超、遅くなってしまい申し訳ありません。犬の世話に、研修参加に、バラの世話に超多忙な毎日を送っておりまして・・・
2番花も終わってきました。
害虫退治に精をだして、しばらくお休みさせてまた、秋に綺麗ない花を咲かせられたらと思います。
今年は、我が家はアメリカシロヒトリの大軍で葉がやられて、今は、コガネムシの大軍に蕾や枝先がやられています。

この記事へのトラックバック